消費者金融 使用目的

使用目的を問わない

お金を借りる場合、どのような目的で借りるのかは人それぞれです。
ですが銀行からお金を借りる場合には、使用目的を問われることがあります。

 

そして使用用途が決まっている金融商品もあり、例えば住宅ローンならを建てる、リフォームするためのお金に融資、マイカーローンは車に関する費用への融資、教育ローンなら教育に関する費用の融資、というように決まっているのです。
当然他の目的には使用できません。

 

消費者金融 使用目的

消費者金融から借りるメリットとしては、そういった使用目的を問われないという点があります。
前述のような目的でもいいですし、旅行に行くのでその費用を借りたい、生活費が足りないので借りたい、他の借入の返済へまわすのもOKです。

 

そして、使用目的は問わないので、旅行目的で借りた場合でもギャンブルに利用しても構わないということになります。
ただ、申し込みの際には、形式的に使用目的を記載しなければいけないところもありますが、その使用目的で審査がクリアできないということはほとんど考えられません。

 

また消費者金融によっては使用用途すら記載する項目がない場合もあるのです。
それだけ使用目的にはこだわらない、ということなのです。

 

ただ、消費者金融は金利が高いのがデメリットです。
一方で目的別のローンだと金利は非常に低いですので、そういったローンが適用になるのであればそちらを利用した方が良いでしょう。
使用目的が趣味や遊び、生活費などのような場合には消費者金融を利用する、というように使い分けるといいでしょう。

 

家族に知られず申し込み可能

借金は誰でもしたくないものです。
そして自分個人で、しかも自分だけのために借りるなどといった場合には、できればそれは家族にすら知られたくないもの。

 

家族に知られたら「借金までして使わなくてもいいでしょ」と言われてしまうことでしょう。
そのためできる事なら家族には知られずに申し込みしたいものです。

 

とはいえ、融資を申し込んだ場合、自宅にいろいろな書類やハガキが届くものです。
それを家族に見られればすぐに借金をしたのがばれてしまいます。

 

消費者金融から借りるメリットは、まず家族に知られることなく申し込みできるという点です。
もちろん、申し込み次第では、自宅にカードの郵送、申し込み用紙の送付もあるのでそれがあるとばれてしまいますが、それら郵送物のない申し込み方法もあるのです。

 

その一つが自動契約機があるという点です。
通常カードは郵送して手元に届くのですが、自動契約機ならその場でカードが発行されます。

 

申し込みも全て自動契約機でできるので、よほど自動契約機に入っていくところを見られない限り見つかることはありません。

 

もう一つがカードレスのものです。
キャッシングから返済まですべてウェブ上でおこなうもので、パソコンを隅々までチェックされない限り家族に知られることはないでしょう。

 

ただ、申し込みは家族に知られずできますが、万が一返済が遅れてしまった場合、電話やハガキで連絡がくることでしょう。
そうなるとやはりばれてしまうので、そこだけは注意しましょう。

 

[ 貸してくれる消費者金融いんふぉ。 ] トップへ