消費者金融 銀行カードローン 違い 審査基準

審査基準が異なる、消費者金融と銀行カードローン

消費者金融も銀行カードローンもどちらも金融機関からの借金になるため、融資を受けるには各金融機関の厳正な審査を受けなければいけません。

 

その審査基準は、各金融機関によっても異なりますが、消費者金融と銀行カードローンとでも違ってきます。

 

もちろん、審査項目としては、どれくらい年収があるのか、どのような職業でどんな勤務先に勤めているのか、何年勤務しているのか、その他には住まいの状態、家族構成(扶養家族の有無など)、その他の借入金、それまでの申込人の返済実績など、いろいろな審査項目をチェックします。

 

実際、どちらが審査をクリアしやすいのか、クリアしにくいのかというのは一概に言えませんが、審査項目は同じでも審査基準は消費者金融と銀行カードローンとでは若干違ってくるようです。

 

審査基準は金融機関によって異なるため、ひとつの金融機関の審査でクリアできなくても、他の金融機関では審査をクリアできる可能性はあります。

 

ただ、銀行カードローンで審査がクリアできなかった場合に、同じ種類の他の銀行カードローンを申し込んでもまた審査がクリアできない可能性が高いです。

 

同じように消費者金融で断られて、他の消費者金融を申し込んでも断られてしまう可能性があるのです。

 

ですが、審査基準が異なる消費者金融と銀行カードローンだと、一方が断られても一方でクリアできるかもしれません。

 

もし、銀行カードローンを申し込んでダメだった場合には、違う種類の消費者金融を申し込んでみるといいかもしれません。

 

知名度があるかどうかも消費者金融選びのポイント

店舗のある銀行から融資をしてもらう場合は、とりあえず融資してくれるところであればどこでもそれほど変わるものではありません。

 

全国規模の大手銀行でなくてもその地域の方しか知らないような全国的に知名度の低い地方銀行や信用金庫、信用組合でも構わないでしょう。

 

ですが、消費者金融を選ぶ際には、知名度があるかどうかというのは非常に大切なポイントになります。

 

もちろん、知名度がなくても優良な消費者金融はあるでしょう。

 

ですが、消費者金融にはヤミ金や街金と呼ばれる悪徳金融もあります。

 

もちろん法外な金利での融資、執拗な取り立て等をおこなうため、実際には消費者金融ではありませんが、消費者金融と名乗って営業しているところも多いのです。

 

わざわざヤミ金、なんて言葉は使わないでしょうから。

 

そういった悪徳金融から借りてしまうと、あっという間に利息が膨れ上がり、返済できなくなるばかりか執拗な取り立てにより精神的にダメージを受けてしまうことでしょう。

 

未だに、消費者金融=ヤミ金と思っている方もいますが、実際、CMが放映されているような誰もが知っている大手消費者金融は、大手金融機関、大手信販会社のグループ会社であるため、悪徳金融ではありません。

 

もちろん、一般的な銀行融資よりは金利は高くなってしまう事が多いですが、それでも法外な金利ではありませんし、取り立てもありません。

 

むしろ無利息期間があるなど便利なサービスを行っているので非常に便利です。

 

そのため、消費者金融を選ぶなら、まず知名度があるところを選びましょう。

 

[ 貸してくれる消費者金融いんふぉ。 ] トップへ