消費者金融 人に会わずに申し込み

消費者金融と銀行カードローンとの違い 人に会わずに申し込みできる

人に会わずに申し込みできる

 

消費者金融と同じようなタイプの金融商品に銀行カードローンがあります。

 

審査が早い、無担保無保証人、繰上返済手数料無料、再キャッシングできるなど同じような利点がありますが、違っている点もいくつかあります。

 

消費者金融と銀行カードローンとの違いとは、まず人に合わずに申し込みできるという点です。

 

銀行カードローンの場合、最近はネット申し込みもできるところも増えてきていますが、基本的に融資窓口での申し込み手続きとなります。

 

当然担当の銀行員と合って申し込みをすることになります。

 

借金はどんな理由でもあまりしたくないものですし、高金利のカードローンとなるとどこか後ろめたいところもあります。

 

まだ住宅ローンやマイカーローン等はいいですが、旅行に行く、ブランドのバッグが欲しい、10万円程度でいいので借りたい、というのはちょっと話しづらいところもあるでしょう。

 

もしかして「10万円の貯金もないのか」とか「ブランド好きなのか」と思われているのでは?と余計な憶測をしてしまうこともあります。

 

消費者金融の場合、ネット申し込みできるのはもちろん、自動契約機でも人に合わずに申し込みできます。

 

もちろん消費者金融によっては申し込みの際に担当者と電話で話をしたり、テレビ電話で話したりしますが、直接会う事はありません(一部スタッフの居る店舗もあります)。

 

そのため、相談も気になる事も聞けますし、恥ずかしくなる事もないでしょう。

 

人に合わずに申し込みしたいなら消費者金融のほうがいいでしょう。

 

土日祝日でも即日融資可能

 

銀行カードローンも即日融資可能ですし、審査も早い場合もあります。

 

この点だけ見れば消費者金融も銀行カードローンもそう変わりはしません。

 

ですが銀行カードローンはあくまで銀行が営業している時間しか申し込みも審査もできません。

 

そのため、銀行カードローンで即日融資可能な時間帯というのは限られてしまうのです。

 

しかも即日融資できなかった、即日審査できなかった場合には、あくまで審査・融資は「翌営業日以降」となってしまいます。

 

翌日ではなく翌営業日なのです。

 

例えば、金曜日の即日融資可能な時間帯を過ぎた場合、審査・融資は翌日の土曜日、翌々日の日曜日を通り越し、その次の日である月曜日となってしまいます。

 

もしゴールデンウィークなどの長期連休が重なってしまうとさらに時間がかかってしまうことも。

 

その点、消費者金融は基本的に土日祝日でも申し込み可能ですし、審査次第によっては即日融資も可能です。

 

万が一、即日融資可能な時間帯を過ぎてから申し込みをしてしまった場合も、翌日には審査・融資が可能になるので、長期連休であろうと融資までに時間がかかることがありません。

 

意外と土日祝日もしくは長期連休の時に冠婚葬祭、旅行などでお金を使うものですし、ギャンブルでお金がなくなってしまうなんてこともあります。

 

そういった時には、銀行カードローンを申し込んでやきもきしているのではなく、土日祝日であっても即日融資が可能になる消費者金融を利用してみるといいかもしれません。

 

[ 貸してくれる消費者金融いんふぉ。 ] トップへ