消費者金融 夜 申し込み

夜でも申し込みできるのが消費者金融のいいところ

どの金融機関でも一日の営業時間は決まっているものです。
融資を申し込む場合には、その営業時間は重要なポイントです。

 

少しでも早く融資してもらいたい、という方は特に少しでも早く申し込み手続きをすましたほうがいいでしょう。

 

銀行カードローンを申し込むという場合には、たいていは銀行の融資窓口にて相談して申し込むのでしょうから、当たり前ですが銀行窓口が営業している時間帯に申し込みしなければいけません。

 

となると、ほとんどの銀行では午後3時で窓口業務が終了しますから、それまでに手続きを済ませないと申し込みは翌日以降になります。

 

「午後3時まで申し込めばいいんだろう」と思うかもしれませんが、働いている人にとってみれば午後3時なんていけるはずがありません。

 

かといって土日祝日は銀行も休みですのでなかなか申し込みにすらいけないという方もいます。

 

ですが、消費者金融の場合、営業時間が長いという特徴があります。
それは無人契約機だからともいえますが、午後3時どころか、午後9時、それ以降まで営業しているところもあります。

 

もちろん、申し込み時間によっては即日融資は難しいかもしれませんが確実に翌日の午前中には審査結果がわかり、キャッシングできるようになっています。

 

また、消費者金融によっては、例え夜であろうと即日融資可能というところもあります。

 

もし、夕方以降に消費者金融に申し込みをしようと思っても、消費者金融ならそんな時間でも即日融資してくれるので安心です。

 

総量規制の対象になるかどうか

 

お金を借りる時、特にカードローンを申し込む際にちょくちょく話題になるのが総量規制です。

 

総量規制という言葉はあまり聞いたことがないでしょうが、「年収の3分の1を超える借り入れは原則的にできません」というCMは見たこと、聞いたことがあるでしょう。

 

まさにそれが総量規制というもので、借入を制限する法律になります。

 

消費者金融と銀行カードローンの違いはまさにここにあります。
総量規制はすべての借入申し込みの対象となっているわけではありません。

 

この総量規制は貸金業法で定められているものなのです。
対象となるのはこの貸金業法に則って融資している消費者金融なのです。

 

すなわち、消費者金融に融資申し込みをした場合、一部除外となる借金を除けば、今度申し込みをする融資限度額とその前までの借金の合算が年収の3分の1を超えてしまうケースは融資できないというものなのです。

 

一方銀行カードローンは貸金業法のもとで融資するわけではありませんから、総量規制の対象外になります。
審査項目に問題がなければ、総量規制は関係なく、3分の1を超えてしまうような融資でも可能になるのです。

 

ただ、逆に3分の1以内の融資であっても審査項目をクリアできないと融資不可、ということも考えられます。

 

どちらがいいか、というのは一概には言えませんが、もし、これまでの借金が年収の3分の1を超えてしまうような場合には消費者金融だと間違いなく審査はクリアできませんので、最初から銀行カードローンを申し込んだほうがいいでしょう。

 

[ 貸してくれる消費者金融いんふぉ。 ] トップへ