融資限度額 最大

融資限度額の最大はどれくらい?

消費者金融選びのポイントとしては、融資限度額は最大どれくらいになるのか、という点もチェックしてみるといいでしょう。

 

融資限度額は収入や職業、これまでの返済実績等を総合して徐々に限度額がアップしていくものですが、消費者金融によってその最大の限度額は変わってきます。

 

やはりできれば最大融資限度額が高い方がいいでしょう。

 

低いところでは300万円まで、多いのが500万円、銀行カードローンになりますが多いところでは800万円、1,000万円というところもあるようです。

 

もちろんそこまでの融資は要らないという方もいるかもしれません。
500万円も借りたら、利息だけでとんでもなくなってしまう、と思うでしょう。

 

ですが、融資限度額が高くなれば自動的に金利は低くなります。

 

よく消費者金融の金利をチェックする時に年利4.5%〜18.0%というように記載されているのを見るでしょう。

 

これはまさに融資限度額によって最初は18.0%だったものがどんどん低くなり、最大融資限度額になれば、4.5%もありえるというものです。

 

融資限度額が高くなれば、それだけ金利は低くなるのです。
しかも限度額までいっぱいに借りる必要はありません。

 

例えば500万円の融資限度額でも100万円だけ借りることも可能です。

 

その際の金利はまさに最低金利となるので、融資限度額が100万円で100万円借りるよりもはるかに少ない利息で済むというわけです。

 

もちろん初めて申し込む場合には最大融資限度額まで設定される事はありません。

 

10〜30万円程度が一般的ですので、どこも変わりはないでしょうが、将来的の事を考えればやはり融資限度額が高い方が何かと便利です。

 

金利が低いところを選ぶ

消費者金融で気になる点と言えばやはり金利でしょう。

 

法外な金利ではありませんが、やはり金利は決して低いわけではありません。
初めて消費者金融からお金を借りるという場合には、年利17.8%〜18.0%となってしまうことが多いです。

 

どこもそれほど変わらない、と思うかもしれません。
確かに17.8%と18.0%では0.2%しか差がありません。

 

ただそれでも低いに越した事はありません。

 

また融資限度額が高くなれば、金利も変わってきますので、その金利もちょっと比較してみるといいでしょう。
たった1.0%違うだけでも、実際は意外と大きなお金になってしまうのです。

 

例えば、10万円借りた場合の金利差は0.2%違うと1年間で200円の差です。
ただそれが50万円、100万円となった場合、1,000円、2,000円と違ってきます。

 

再キャッシングできるのが消費者金融のメリットでもありますが、そのため、返済したら再キャッシングというように使い続けている方も多くなっています。

 

そうなると元金は減らず何年も借り続けることになり、そうなるとたった0.2%でも大きな金額になってしまうのです。

 

仮に10年間10万円を借り続けると2,000円の差、50万円なら10,000円、100万円なら20,000円も差が出てくるのです。

 

金利差がもっと大きければさらに高額の差になってしまうでしょう。

 

そのため、審査をクリアできるのであれば、少しでも金利が低いところを選ぶのがいいでしょう。

 

あまり変わりないと言ってもやはり少ない方が何かと有利ですので、まずはそこで比較してみましょう。

 

[ 貸してくれる消費者金融いんふぉ。 ] トップへ